性病は恐ろしいのでなる前に対策

性病のことを甘く考えている人は少なくありませんが、これは非常に恐ろしいものであるためとにかく予防が大切です。
一昔前までは性病は不治の病であり、そのまま死につながることもある病気でした。
しかし、現代では医学の発展によって以前までは治すことができなかった病気も治すことができるようになったため、性病に対する脅威というのも薄れています。

だからといって甘く見て良いものではなく、放っておけば重症になってしまうのは今も昔も変わらないため、まずは予防が重要な事になります。
性病の中には自覚症状がなく、知らないうちに症状が進行して不妊の原因となってしまったり気づいた時には重篤な状態になってしまうということも珍しくありません。

このような性病を避けるための対策としては、一番効果的なのは性行為を避けることであり性行為によって感染するものであるため性行為をしなければ100パーセントに近い確率で感染を防ぐことができます。
ただし、性行為自体を生きる楽しみとしている人も少なくありませんから、そのような人が我慢するというのはそれはそれで精神的な負担の大きなものとなってしまうため、性行為をするのであれば感染予防を心がけることが現実的な対策となります。

コンドームをしっかりつけるということは当然の事ながら、不特定多数の相手と性行為はしない、信頼できるパートナーとだけ性行為をするといった基本的なことを守るようにしましょう。
これらのことを守ってさえいれば、性行為をしても性病に感染するリスクというのは最小限に抑えることができるものとなっていますから、性病には感染したくないけれど性行為はしたいという場合にはそのための対策をすることが大切です。